ギャランティカードや箱は捨てないで!付属品が揃っているほうが高値がつきやすい?!

高級腕時計ブランドの買取で査定額を左右させる附属品とは!?

自分の持っている高級時計に飽きてしまった場合、故障している訳では無いので廃棄するには勿体無いと考える人もいるでしょう。誰かに譲ってしまう手もありますが、高級腕時計ブランドのアイテムであれば、多くの中古買取業者が査定してくれます。
中古買取業者へ高級時計を買取って貰う場合、少しでも高値の査定額を希望するなら、高額査定になるポイントを知っておくと良いです。例えば、時計購入時に付いていた附属品を本体に添えて査定へ出すことは査定額アップの基本と言えるでしょう。附属品は査定項目の中で重要な部分を占めています。では、附属品とは具体的に何かと言えば、ボックスや、ギャランティーカード(保証書)、タグや小冊子など、アイテム以外の物全てです。例えば、時計が本物であるかが判断できるギャランティーカードの有無では査定額が1万円以上の差になるケースもあります。また、オーバーホール証明書も付けるとより良いです。機械式時計などではオーバーホールの回数が時計の状態を判断する材料になり、より正しく査定して貰えます。

高級時計のブレス調整時に外したコマは捨てないで!!

中古買取業者は買取った高級時計を商品(中古品)として売りに出します。商品にすると言うことは、買い手が付くアイテムでないと高い査定額を出してはくれません。高級時計の買取で附属品が査定額をアップさせるポイントであることは前項で説明しましたが、特に附属品の中で揃えて置きたいものの一つは、ブレスのコマです。金属ブレスの場合、多くの人がアイテムを購入してすぐに自分の手首に合わせてサイズ調整を行います。一度調整してしまえばその後、外したコマを大切な物だと意識する人はあまりいないでしょう。しかし、後に商品となることを考えれば、大切に保管すべき附属品なのです。ブレスのサイズ調整ができない時計を購入する人は少ないと言えます。このため査定の際に使っていないコマも一緒に持ち込むと高値買取につながるでしょう。
また、高級腕時計ブランドのアイテムは、ブレスそのものにも価値があります。外したコマは査定額を左右する大きなポイントです。